企业动态
关于支持WCDMA<E的无人机的说明
发布时间:2017-06-27 11:01:58  作者:

        有关无人机搭载WCDMA和LTE SIM卡,简单说明一下目前日本的情况。


        首先从日本电波法的角度,是可以申请并发证的,然而目前在日本还没有看到用WCDMA以及LTE操控的无人机。
 
        理由1)因为运营商拿到的WCDMA以及LTE的无线执照是只限于陆上移动无线局,不包含空中使用。
虽然未来不排除运营商向MIC申请扩展执照范围,但是现阶段严格来说是违反运营商的SIM卡使用规定的。
WCDMA/LTE的无线频段是由各家运营商从MIC那里购入无线运营执照,在执照的限制范围内才可使用。
 
        理由2)主管交通的日本国土交通省规定无人机必须在操控者的肉眼目视范围内以及随时监控的状态(Monitoring)下才能使用,除此以外都要到国土交通省申请许可。

 

参照无人机的安全飞行Guideline
http://www.mlit.go.jp/common/001128047.pdf
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(抜粋)
(2)飛行の方法
飛行させる場所に関わらず、無人航空機を飛行させる場合には、以下のルー
ルを守ることが必要です。
l 日中(日出から日没まで)に飛行させること
l 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛
行させること(目視外飛行の例:FPV(First Person’s View)、モニター監視)
l 第三者又は第三者の建物、第三者の車両などの物件との間に距離(30m)
を保って飛行させること
l 祭礼、縁日など多数の人が集まる催し場所の上空で飛行させないこと
l 爆発物など危険物を輸送しないこと
l 無人航空機から物を投下しないこと
これらのルールによらずに無人航空機を飛行させようとする場合には、安全
面の措置をした上で、国土交通大臣の承認を受ける必要があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
        结论:机构可以对无人机使用的WCDMA/LTE发行电波法/事业法的证书,但是出于上述的理由,产品能否获准使用,需要通过运营商以及国土交通省2道关,不在机构以及日本总务省的掌控范围之内,存在一定的风险。

 

 

  如需转载,必须注明来自BTL官方网站(www.newbtl.com/微信号:BTL100)。

 

 

  

客服-Hugo
快拿起手机扫描吧